崩れないクラスをつくる。

空は夜明け前が一番暗い。壁に当たっても前へ!

小学校の先生に向けに学級経営のポイントを紹介します。

 「一人ぼっち」は心配ですか? 自己肯定感を育てる  その3

一人ぼっちでいる子には3つのタイプがあります。 1. 本心から一人でいることを選んでいる子 2. ほんとは誰かと関わりたいけどそれができない状態の子 3. トラブルなどで友達から仲間外れにされている子 いろいろなタイプの「一人ぼっち」を知り、一人ぼっち…

騒がしいクラスをなんとかしたい。

クラスの私語が多くて悩んでいる先生は以外に多いです。 「静かにしなさい!」と言っても聞いてくれず、1分したら元の騒がしさ。おかげで授業は進まず困っているという具合です。 特に先生になって間もない時は、ほとんどの先生が「私語が多い」と言います。…

うちのクラスではケンカが絶えない!

クラスでも揉め事やケンカが絶えないと悩む先生は実に多いです。原因はとても些細なこと。でもエスカレートすると瞬く間に暴言が飛び出します。 ケンカは成長の過程です。言いたいことを言わずただ我慢するのではなく、腹が立ったらそのことを伝えたらいいの…

懇談会資料 小学校中学年がなぜ大切なのか。

「小学校中学年は子どもがすごく変わるときだからおもしろい」といわれたり、反対に「反抗的でやりにくい」といわれたりします。だからこそこの9歳・10歳が、子どもの成長の『節』であり、思春期の大きな節である中学2年生と合わせて、この2つの『節』がそ…

僕の先生厳しいでしょ。 学級びらきから50日ですること その6

自主学習を子どもの宿題に据える先生が増えています。本当の自主学習をできる子はほんの一握りです。何も指導せずにいきなり「なんでもいいから自分で決めて学習しなさい」と言ってこんな風に口頭で、 T: ・・・・例えばわからないなと思ったことを調べると…

このブログのこと。

4月初日・・・・ 印刷のインクの匂いのする真新しい教科書を配っているとき、先生と子ども達は、お互い緊張気味に言葉を交わします。「担任した前の学年の子ども達はとても気になるけど、今日からこの子達とやっていくんだ・・。」 縁があって出会った子ど…

プライバシーポリシー

個人情報の利用目的 当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。 取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていた…

ゲーム漬け。最近反抗的。我が子は大丈夫なのか。その2

その1で紹介したお母さんのお話から子どもとゲームについて述べたいと思います。⚫︎親がゲームを毛嫌いした時点で子どもは心を閉ざす。関わりながら子どもが遊んでいるゲームの内容を把握しておく。 親世代はテレビと漫画が子どもをダメにすると言われました…

ゲーム漬け。最近反抗的。我が子は大丈夫なのか。 その1

「不登校になってはいないが、とにかく息子6年、ゲームに心も体も取り憑かれたようになっている」と嘆くあるお母さんと話をしました。 息子はトオル(仮名)君。学校では鬼ごっこが大好きで活発だが、基本は外出が苦手で家にいることが多い。お母さんはシング…

先生の仕事を減らせないか。子どもたちのために。

今、学校の先生たちは「早く遅れを取り戻せねば」と追い立てられるような日々を送っています。 教育課程はコロナ前と状況は変わっておらず、プラスして膨大なコロナ対策作業がのしかかっています。保護者対応や子どもたちのトラブルは違った様相を見せながら…

文科省コロナ対応マニアル。先生のブラックな1日。

6月16日に文科省から 「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~が出ました。実施するのは各校の管理職に任されているといいます。 疲れ切っていた・・・ 精神疾患で休職する教員の数は年間5000人前後と…

教師指導型の授業に戻ってはいけない。その2

2020年6月ようやく休校が解除されました。この間子どもたちは友だちとも遊べず、外に出ることも抑制されました。学校からの課題の塊は1日数時間取り組んだらそれ以外はずっと退屈な時間を過ごしてきました。その間今まで年度がわりに乗り越えてきた大事な…

教師主導型の授業に戻ってはいけない。その1

2020年6月 新型コロナウィルスの感染症拡大で学校が休校になってからようやく学校が再開しました。私の元に現場の教師からの深刻な悩みが寄せられています。 再開された授業は「3蜜」を避ける事から「対話的な学び」から「教師主導型」に戻っているようで…

子どもたちは楽しいのか。

「新しい生活様式」をふまえた学校生活。はたして子どもたちは学校に行って楽しいのだろうか。 あるお母さんの話。 たとえば「今まで友だちと近づくことが当たり前だったけど・・今はなんとなく近づくのが悪いっていう感じで・・あんまり話しかけにくいよ。…

負のエネルギーを貯める。学級経営の重要ポイント 叱る。 その3

叱るという行動をあえて取らないという主義の先生がいて時々お話を伺うことがあります。 「子ども達が自分でよくないと気づくように仕向け、気づくまで寄り添って待つことを信条にしている。叱るのではなくもっと心に寄り添った叱る以外の対応がある」 とお…