崩れないクラスをつくる。

空は夜明け前が一番暗い。壁に当たっても前へ!

小学校の先生に向けに学級経営のポイントを紹介します。

学級が荒れてきたらまずすることは何か。その1


空は夜明け前が一番暗い。 壁にあったっても前へ!

自分のクラスが荒れてきたらどうするか?

まず子どもたちが帰った後の教室を見てみよう。 

①机が乱雑。

②ゴミが落ちている。

掲示物の画鋲が取れている。

④雑巾がぐちゃぐちゃになっている。

⑤ほうきが乱雑にロッカーに入っている。 

 

ため息が出てくるがまずここから克服しよう。

 

①②の対策

帰りの挨拶の時机を揃えた人からゴミを10個拾って見せに来る。まず先生が拾いゴミ箱の前に立つ。合格したら大きな声で「さようなら」と言って帰らせる。

f:id:You-will-find:20180901230852p:plain

③ の対策

子どもたちが見ている前で先生がしっかり画鋲を貼り直し、「〇〇さーん。まっすぐなってる?」と遠いところにいるやんちゃな子に尋ねる。

 

f:id:You-will-find:20180901232319p:plain

 

そして明るく「ありがとう!!」という。

 

④の対策

ちょうど子どもたちが登校してくるとき「おはよう!!」と言いながら

 

f:id:You-will-find:20180901234440p:plain

雑巾を絞って掛け直す。毎日続ける。

⑤の対策

ロッカーに中にほうきをかけるフックを作る。朝の会の時

「フックをつけたのでこんな風にかけてください。」と紹介する。

f:id:You-will-find:20180902001441p:plain

つまり・・・環境を整える空気を先生自らが発信するということだ。一人が気づき手伝ってくれたらしめたもの。大げさに

「ありがとう助かったわ。」

と嬉しそうにする。

 

そしてたまたまちゃんと雑巾をかけた子を見つけておいて朝の会で

「最近雑巾がぐちゃぐちゃだったけどちゃんとまっすぐかけてくれる子が3人いました。嬉しかったです。ありがとう。」などと言う。

 

そして授業が始まったら「ちょっと待っててね。」と言って黒板を綺麗な乾拭き雑巾でキレーに全面 拭き上げる。1分でできる。

「お待たせしました」

と言って授業に入る。

f:id:You-will-find:20180902002036p:plain

そのうち・・・誰かがし始めるようになる。日直が消した後もう一度ピカピカにするのだ。

 

この5項目は大変効果がある。

なぜか?

荒れた教室はまず教室の空気感を変える・・つまりよどんだ空気をキレイにすることが必要だからだ。これが立て直しの土台だ。

 次にある日の1時間目授業をやめて「全員拭き掃除大会」をする。

 全員に1枚雑巾を持たせて用意した4つのバケツに水を汲み

「絞った時水が1滴も出てはいけません。」

と伝え、しっかり雑巾を絞らせる。その雑巾の表裏が真っ黒になるまで棚や机や床や壁を拭かせる。

 

*高いところには登りません。

 

真っ黒になった人からバケツの水で今度は雑巾を真っ白にする。

 

先生は初めに「先生は3枚分やります!!」と言って率先してかがみこんで一生懸命拭き掃除をしてみせる。そして1枚分は見本を見せる。

「こんなに汚れているんだよ!」『きたなーい』「でしょ?」

と真っ黒になった雑巾を見せる。雑巾洗いもやってみせる。

 

子ども達は大概大喜びでこの活動をする。そして得意そうに見せに来る。大いに助かるわと感激してあげよう。

 

1時間で見違えるほどさっぱりする。終わりに子どもたちに手を見せる。

「ほら一生懸命働いた手は真っ赤になっているはずだよ。頑張りましたね。」

とほめたたえる。みんな真っ赤になった手を自慢するはずだ。

 

その2につづく。

 

 

www.you-will-find-sennseiouen.com