崩れないクラスをつくる。

空は夜明け前が一番暗い。壁に当たっても前へ!

小学校の先生に向けに学級経営のポイントを紹介します。

言ってること矛盾してるよ! 先生も親も叱るラインは動かさないで。


空は夜明け前が一番暗い。 壁にあったっても前へ!

落ち着いたクラスの最大条件。

叱られるラインがブレない」

家庭でもこれは同じです。

例えば5年生ぐらいの子どもを想定してください。夜9時半になったら歯を磨いて寝るというラインを決めているとします。

ある日急に「今日は8時半に寝て」と言われると

「なんで?・・・いやだ。9時半まではゲームするもん!」
「なんでもいいから8時半には寝なさい!〇〇さんが来るんだから。そういうときもあるの!」と叱る。
子どもはモヤモヤします。このようにラインを曖昧にして叱ったり、無理やり「はーい」と従わせていると、子どもは自分で考えることができなくなります。
 
そうではなくて
「今日9時に友達が悩み相談でうちに来るのよ。彼女に気を遣わせないように頼むね。」というと「わかった」となります。
早く切り上げて寝ようとか、9時以降は親に色々言ってはダメだなと考えます。
もちろんうまく出来ないことがあるかもしれないけど親子の「9時半に寝る」と言うラインは守られます。

f:id:You-will-find:20200722175814p:plain

逆にある日、大人の都合ができました。
「明日は職場の飲み会なの。帰りが9時半より遅くなるから9時20分に電話するね。」
「別にいいよ。9時半には寝るから」
でも当日はやはり親が帰ってこないと眠れなくて起きてたということもあるでしょう。それでいいと思います。要するに親が子どもの良心を信じているかどうか、子どもは察します。
 
ゲームだってテレビだって漫画だって子どもの大事な時間。時計を見ながら「あとひと試合できそうだな」「この番組最後までみれそうだな」「このページまで読めそうだな」とその子なりに考えて行動を決めている場合もあります。
私は親あなたは子ども・・だから私が上あなたは下・・の論理が出てきます。
「そんなしょうもないことなんとかなるでしょ。こっちは忙しんだから言う通りしてもらわないと困る!」という伝え方で、無理やり押し通したら信頼関係は構築されなくなりただのうるさい親になってしまいます。
もちろん親は大変な思いをして子どもを育てています。しかしだからこそ親としてはあらゆる場において、一回決めたらラインを不安定に動かさないような工夫が大事です。年齢が進みそのラインがそぐわなくなったらその都度話し合って決めなおしていくとはっきりします。

さて学校では先生は1年間の初めにそのラインを伝えたり見せたりしておくことを意識するといいと思います。人間相手ですから日々色々な条件が絡んでくることは当たり前です。だからこのラインを長続きさせるためにも「やぶられるかもしれない大体のライン」であるべきだと太っ腹に構えることが大事です。
また毎日多くの指示を出します。指示が通らないと叱るわけですが、逆効果で無意味な指示にならないよう熟慮し、安易に指示しないことを肝に銘じることも必要です。
 
例えば特別教室に並んで移動する際おしゃべりが過ぎる時などよく発せられる指示が
『一言でも喋ったら教室戻ってやり直しなさい』です。
この指示は前の時間の終了が遅くなったときなどは守られない可能性が高く、続けることは不可能に近いです。しかも子ども達にとっては『一言でも喋ったら』のフレーズが波紋を呼びます。真面目な子はあの子喋ったからやり直しなのかと思っているとやり直しをしない・・・・・・今日はスルーしていいのか、時間が遅れてるからいいのかとモヤモヤします。こういうことが続くと真面目なこであればあるほどしらけます。そして喋ってる子がいたけどスルー出来たという事実が残ります。
これはほんの一例ですが現場ではこのようなことが山ほどあります。脅しのような感じで出す指示は厳禁です。出来なかった時に叱り切れることが確実に出来る指示だけを発しましょう。
お母さん言ってること矛盾してるよ・・・
先生言っていること矛盾してるよ・・・

 

と言われたら要注意。立て直しのサインです。